2006年10月10日

かなばアートコンテスト

「かなば」という素材を知っていますか?
杉の間伐材を薄さ0.3mmにスライスした木の素材です。

ちなみに、間伐とは木を間引くこと。
野菜の種をまいて発芽したら間引くとの同じで、森林も木の1本1本を立派に育てるためには、込み合った状態にならないよう間引くことが必要なんだそうです。

この間引いた木を利用して作られた「かなば」使って、壁掛けアートを作ろう!というコンテストを、コンテストを運営しているTUKTUKさんのメルマガで知って、(先着で無料で素材を提供してもらえるというのにも惹かれて)作品を作って応募したらですね、なーんと!私の作品がおとな部門の最優秀賞に♪(^▽^)

作品は、四角に加工したかなばとビーズを、テグスで交互につないだモビールのようなもの。風で軽やかにゆれて、息を吹きかけると四角いかなばがくるくるまわります。

かなばが、軽い素材なのでこんな加工ができます。
紙を扱うような感じで加工も簡単、木目がキレイで質感もあるし、面白い素材なのでまた何か作ってみようかな?

下記サイトでコンテストの詳細と作品の写真が見れますが、ブログにも写真貼っておきますね。

hoimin_kanaba.jpgかなばアートコンテスト2006の詳細はこちら
http://www.tuk2.com/event/kanaba/

結果発表(おとな部門の最優秀賞がホイミン作)
http://www.tuk2.com/event/kanaba/result.htm

子どもと地球にやさしいスローライフを応援するお店
TUKTUK 〜トゥクトゥク〜
http://www.tuk2.com/

posted by ホイミン at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ作り | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

京の町屋でウェディング

今日はタケヒト妹の結婚式。
会場は京都の町家を改装したレストランで、和を生かしつつ、
現代の様式もうまく取り入れた場所での素敵な結婚式でした。

welcome_01.jpg

写真はホイミン作、ウェルカムボード。
パネルにピンクで「寿」の文字がうっすら入ってるの、わかるかな?

kuma_01.jpg

もう一枚の写真のクマさんは、新郎が作ったんだそうです。
新郎はモノ作りが好きというより、マメな人だと思ったわ。
posted by ホイミン at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ作り | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

ツェツェ風ライト まとめ

tapecutter_01.jpg「ツェツェ風ライトを作ろう」の記事を一覧にまとめておきます。

ちなみに写真の彼は我が家のテープカッター君。
口からビローンとテープ出してますが、なかなかの働き者でございます。


ツェツェ風ライトを作ろう その1 作る動機。

ツェツェ風ライトを作ろう その2 材料について。

ツェツェ風ライトを作ろう その3 和紙ボックスを作ってみる。

ツェツェ風ライトを作ろう その4 完成してスイッチオン。

ツェツェ風ライトを作ろう その後 実際に吊るしてみる。

ツェツェ風ライトを作ろう 修正版 展開図の修正。
posted by ホイミン at 23:00| Comment(8) | TrackBack(0) | モノ作り | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

ツェツェ風ライトを作ろう 修正版

以前作ったツェツェ風ライトの修正版です。
ライトを点灯させた時にのりしろが写り込んでしまうので、
改めて和紙ボックスの展開図を作り直しました。
ツェツェ風ライトを作ろう その4参照の事。)
和紙ボックスの大きさは、前回と変わらず6cm角の立方体です。

light_14.jpg
新しい展開図はこれ。修正に修正を重ねて、のりしろなしにしました。接着にはセロハンテープを使います。画像の×印のところに電球を差し込むので、軽く切り込みを入れておきます。折りの部分にカッターで薄く切れ目を入れておくと仕上がりキレイです。


light_15.jpg
紙を裏に返し、切り込みに電球を差し込みます。ねじっておいたワイヤーをコードに絡ませ、中と外で紙を挟んで固定。画像の矢印の部分にセロハンテープを貼ります。(セロハンテープは透明で分かりにくいので、画像に色をつけてあります。)

light_16.jpg
セロハンテープを貼ってある面を電球を差し込んでいる面とくっつけます。内側をセロハンテープで張り合わせる仕組みです。ここが重要で、この張り合わせがうまくいくかいかないかで仕上がりに差が出ます。外側にテープが見えない方がキレイですからね。

light_17.jpg
慎重に他の面も貼っていきます。
貼り終わったら、形を整えてね。

light_19.jpg
ライトをつけるとこんな感じです。画像だとすこーしセロハンテープの影が映ってますが、実際にはほとんど目立つ事はありません。気になりそうならテープの幅を半分にカットしてセロハンテープを細くして使ってもいいかも?です。

一部分直すつもりが和紙ボックス10個分、全部作り直しだなー(汗)
地道にがんばろーっと。
posted by ホイミン at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | モノ作り | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

渋色かんざし

コーセーのルミナスのCM「唇にヘアピン編」を見て、
ハセキョーがくわえてるヘアピンがかわいいなーと。

で、ビーズを引っぱりだしてきて、かんざしを作成。
色目を押さえた渋い色のお花パーツと、天然石にパールビーズを組み合わせて…と。
ゆらゆらと揺れるビーズがポイントです。

自分の髪が伸びてまとめ髪ができるようになったので、
作るアクセサリーの幅も広がってきました。

sibuiro_kanzashi_01.jpg

またいろいろ作って販売してみようかなぁ…?
なーんて思ってみたりする今日この頃です。
posted by ホイミン at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | モノ作り | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

ツェツェ風ライトを作ろう その後

ツェツェ風ライト、おまけ写真です。
カーテンレールのあまってるところからつり下げてます。
ちょっといい雰囲気よ〜♪

light_13.jpg

posted by ホイミン at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ作り | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

ツェツェ風ライトを作ろう その4

さて、実際に和紙にプリントして切っていきます。

light_09.jpg
紙は7色購入した中から5色選びました。
切って切って…折り部分に薄く切れ目入れて…の繰り返しです。


light_10.jpg
穴をあけて電球を通し、アルミワイヤーを巻いて固定します。ここまでは実験と同じですが、より固定させるために、外側にもワイヤーを巻くことにしました。
内と外のワイヤーで紙をきゅっと挟むことにより、電球がしっかり固定されました。


light_11.jpg
1個作って電気をつけた時、のりしろの重なりが影になってしまうことに気づいて切り落としてみたり、それにあわせて穴をあける位置を変えたりしてます。実験の時にやっとけーと思うも、時既に遅し。
そんな失敗をしつつも、なんとか完成!


light_12.jpg
スイッチオン!これはかわいいかもー!?
スキマからもれる光の具合がいいので、のりしろ切って正解です。最初に作った箱はのりしろの重なりが剥がれずに影が映ってしまっているので(右上のヤツね)そこを手直ししたいところではありますが、同じ色の紙が今手持ちにないので、あきらめました。

この後、ツェツェ風ライトを作ろう その1で紹介した写真の様に、上からつり下げて飾ることにしました。
明かりのオブジェは、和みますね(*´ω`)
あまり心配はしていませんが、なにせお手製なので、
熱で燃えたりしないといいなー(^_^;)と思っています。要注意!
posted by ホイミン at 23:50| Comment(5) | TrackBack(0) | モノ作り | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

ツェツェ風ライトを作ろう その3

さて照明の和紙ボックスを作ります。
実際のツェツェライトの照明の大きさは?とか、形状はどうだっけ?とか、
細かい事は気にせず想像で作っていきます。

A4の紙1枚で1個の照明ができるサイズで展開図を作ります。
なんでA4かーっていうと、Macでデータ作ってプリントするのに好都合だから。
この場合、6cmの正方形(のりしろ含む)を作るとちょうどいいです。
手書きで図を描いてできないことはないけど、ここは便利な機械に頼ります。
だって照明の和紙ボックス、10個もあるからねぇ。

light_05.jpg
まずは実験なので、普通紙に展開図をプリントして切ります。
穴が開いてるとこに電球を差し込む、と。


light_06.jpg
電球を差し込んだら、アルミワイヤーの出番です。
あらかじめカットしてねじっておいたワイヤーを、コードに絡ませます。
これは、電球が和紙ボックスの中で動かないよう固定するためです。(後で若干変更)


light_07.jpg
…で、パタパタと折ってボックスの形に出来上がり。
簡単にキレイに箱が折れるように、あらかじめ筋にカッターで薄く切れ目をいれておくといいです。


light_08.jpg
スイッチオン!よーしいい感じ。
この段階でもっと…光の見え具合とかのりしろとか穴をあける位置とか考えて…展開図練り込めば良かったのですが、この時は深く考えずにこのまま進めてしまいました。適当だなぁ。

posted by ホイミン at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | モノ作り | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

ツェツェ風ライトを作ろう その2

ツェツェ風ライトを作るにあたって必要なものを購入。

light_01.jpg
・電飾コード 10球タイプ

・電球のスペア
 (点滅を点灯に変えるために必要)


light_02.jpg
・和紙 数枚
 この時はA3サイズの紙を購入しました。
 A4サイズの紙で照明1個を作る計算なので、
 A3なら5枚あればOKです(失敗しなければね)

・アルミ自在ワイヤー


クリスマス時期に買ったものなので、値段とかもうわかんないですけど、
電球コードが1000円くらいだったかな。スペアは230円。
和紙はこれも覚えてないですが、1枚100円前後かなぁ…。

アルミ自在ワイヤーを100円ショップで買った(前から持ってた)意外は
すべて東急ハンズで購入。
クリスマス時期に購入したのは、この時期は電飾の種類が豊富だからです。

light_03.jpg
普通に使うと点滅してしまう電飾コードを常に点灯させておくには、赤い点滅球をぬいて、点灯球(色がついていない透明の電球)に入れ替えてやる必要があります。
赤い点滅球が親玉になり、透明の子球に信号を送って、点滅する仕組みなんだそうです。


light_04.jpg
説明書をみながら赤い点滅球をぬいて、スペアの点灯球と入れ替えて…これで準備OKです。
(箱に電飾コードをいれたまま電気をいれるのはまねしちゃだめよ)


posted by ホイミン at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | モノ作り | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

ツェツェ風ライトを作ろう その1

ツェツェという2人組のアーティストがいましてね、
彼らが作った和紙の照明ライトがかわいいんですよ。

お店に飾ってあったのを遠目に見たことがあったのですが、
豆電球が連なったクリスマスの電飾みたいなコードに、
和紙のボックスが1つ1つ付いていて…わりと簡単な作りっぽくて(失礼)
あれー?これ自分で作れるんじゃない?なんて思ったものです。

で、本気で作ろうと思って道具だけは買ってあったのですが、作らずじまい。
構想したのが去年の今頃で、道具買ったのが去年のクリスマス時期ですから、
どれだけスローペースなんだか…(汗)

そしてきまぐれに、なんの根拠もなく時はキター!
作るなら今っ!
作るなら一気にね。
なので、実際は一晩で3〜4時間かけて作り上げた物ですが、
この序章も含めて4回くらいに分けて制作行程をあげていきます。

light_00.jpg
とりあえず、先に完成写真載せておきますね。
posted by ホイミン at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ作り | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。