2008年03月23日

新しい多肉棚

taniku_bicycle6.jpgちょっと前の日記で、引っ越しで多肉をダメにしちゃったこと、今の環境のままでは多肉をまともに育てられそうにないことを書きました。

が、このままじゃいかーん!と、多肉を育てる環境を作るために、試行錯誤の日々が始まりました。
ようやく一段落着いたので、まとめレポです。




1月末日 雪の日

taniku_bicycle1.jpg東京は雪。外に置いていた多肉を家の中にいれました。
雪が積もった多肉を見たら、もう不憫で不憫でね(T_T)

今のアパートに引っ越したのは、去年の夏です。
1階で南向きに面しているものの、窓の外にはベランダと言えるものがありません。一応洗濯物を干したりするスペースはあるのですが、窓を開けるとアパートの囲いもなく、そのまま外にでれちゃいます。あと、出窓もない。
多肉のことを考えれば、ベランダがあるところを選ぶべきだったんだろうけど、外の壁伝いに棚が置けるので、なんとかなるだろうと思っていたんです。その時は。

そして引っ越し。
今まで出窓で育てていたハオルチアとサボテンのみ家の中に置いて、残りの多肉は外の棚に置いたのですが、これが大失敗。強烈な真夏の日差しと、強敵「駐車場の車の照り返し」をくらって、多肉が弱ったり焦げてしまいました。その後、北側の玄関先の通路に棚を移動したものの、光が当たらないので徒長。久々に水をたっぷり与えたらタイミング悪く台風がきて、蒸れて溶けちゃった(>_<;)

秋になって日差しが弱まったので、また南側に多肉棚を移動したものの、家の中の荷物整理でいっぱいいっぱいで、なかなか多肉の世話にまで手がまわらない。そしてそのまま冬になってしまったのでした。

雪から逃れて家に入った多肉を見て、もう多肉を外に置くのはやめようと思いました。家の中に多肉を育てるスペースを作らないと!



2月初旬 焦げる

taniku_bicycle2.jpg家の中に多肉の鉢をいれたものの、場所をどうしたらいいものやら?大きい鉢はとりあえず床置きに。小さい鉢は、大きい鉢がある窓とは別の窓の、木枠のところに置いてみることにしました。日も照って暖かくて結構いいかも?と思っていたら事件発生。

…窓の木枠に置いてた多肉が焦げました(T_T)

温度計で測ってみると、窓際は軽く40度を超してました(汗)
また駐車場の車の照り返しかっ!!ここはホントにサバンナかっ!!

床置きの多肉は無事か見てみると、こちらは焦げる様子もなく元気。
床置きのも窓のそばに置いてるのに、なんで?
実は、多肉が焦げた窓はガラスが透明で外丸見えなんですが、床に多肉を置いてるところの窓は、外が丸見えにならないように表面加工されたガラスなっているんです。ガラス表面のデコボコが家の中に入る光を和らげてるのかも?(画像参照の事)

そうなると、多肉を置けるのは、表面加工されたガラス窓の付近のみ。
でもここは自転車も吊っている場所で、幅も限られていて狭いのに。
この小スペースに、どうやって多肉を置こう?



2月中旬 仮棚

taniku_bicycle3.jpg多肉を置くのに必要なのは、窓と自転車の間に置ける、細長くて高さがある棚。でも、なかなかいいサイズの棚がみつかりません。自分で作るしかないのかな。

それならもういっその事、窓と自転車の間に棚を置くのはやめにして、窓の木枠に合わせて棚を作ってしまおうじゃないか。

ホームセンターで木材をカットして買ってきて、窓の木枠にはめ込んでみました。
窓の木枠に釘を打ったりはしてませんが(だって賃貸ですもの)、木材同士でしっかりはめ込んであるので簡単に棚板が外れたり、木枠から棚がズレたりすることはありません。これはイイかも♪

棚の奥行きは98mm。我が家の小さい鉢は6cm角がほとんどなので、乗せても問題無し。
大きい鉢は乗せれないので、剪定して植え替えです。
大植え替え作業だー!
あと、多肉棚が2段じゃ全然足りないので、またホームセンターいかないと。



3月中旬 完成

taniku_bicycle6.jpg仮棚作成から1ヶ月。
ホームセンターで棚の材料を買い足し、ちまちま植え替え作業をして、多肉棚、完成!(^▽^)
でも棚を塗装してないので実は中途半端です。
すでに鉢を置いてない部分が日焼けして、色が変わっちゃってます。棚の塗装は、まぁ、またやる気がでたときで。

taniku_bicycle5.jpgこの窓は、下の部分だけガラスの表面が加工されているので、下の部分が多肉棚になりました。ロールスクリーンやカーテンや、吊っている自転車とも干渉しないのでいうことなしです。水やりのときは、自転車を退かさないといけないですけどね。

あとは今年の夏、無事乗り切れるかどうか。それがちょっと心配だけど、きっとなんとかなるはず。

taniku_bicycle4.jpg家の中に自転車と多肉。だんだん外なのか家の中なのかわからなくなってきたけど、ちょっと面白い部屋になってきたって気がするよ?

多肉、だいぶ減ってすっきりしちゃったなぁ。。。
カラカラで貧相になってた多肉も、少しずつ芽をだして復活しつつあるので、大事に育てて復活させようと思います。

taniku_bicycle7.jpgオマケ:もう一カ所、家の中にある多肉スペース。
食器棚の上なので、地震対策の透明シートを貼って対策してます。

窓際より入る光が弱いですが、ハオルチアとコノフィツムはここに置いた方がイイみたいで、ほぼ専用スペースに。手前に変な育ち方をしている十二の巻がいますが、その話はまたそのうち。


posted by ホイミン at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ステキ生活ですねー。
東京は今日、天気が良かったと聞きます。
たっぷり多肉も日光浴できたんじゃないですかヽ(・。・)ノ
Posted by ノンキ at 2008年04月15日 20:49
ノンキさん〜
多肉に囲まれた生活、満喫してますよ。
天気がいい日だと、窓の近くは30度近くあったりして
結構あったかいです(熱い?)
今日も焦げずにたっぷり日光浴できたよ♪(^▽^)
Posted by ホイミン at 2008年04月16日 00:20
コメントありがとね。
私も去年の8月に引越しだったわー。
暑くて大変でしたね。
植物は重ねられないので移動に向きませんね。
私は半分以上実家に運びました。

ホイミンらしい気の利いたオシャレな棚ですね。
統一されてて見てて気持ちいいわ。
ところでこの四角い鉢たち、底穴あり?
有りだったら水をやったら大変なことになりそう。
Posted by プリン at 2008年04月16日 17:45
プリンさん〜
夏の引っ越しは暑くて大変でしたよね。
植物は、ホント移動には向きませんねぇ。
多肉は全部抜き苗にして運んだら良かったのかなぁって、思いました。

棚の四角い鉢たちは、底穴アリと、底穴ナシと、半々ですよ。
水は極少量しかあげないので、今のとこ”底穴から水漏れ事件”は起きてないです。
ただ、底穴から土がパラパラもれてることがたまーにありますね(^_^;)
やっぱりとりあえず棚板を塗装しないと〜。
(つーか、受け皿置けよ、自分)
Posted by ホイミン at 2008年04月17日 10:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。