2008年08月30日

デザイン物産展ニッポン

銀座松屋で開催の「DESIGN BUSSAN NIPPON」へ。
D&DEPARTMENTのナガオカケンメイさんの企画展です。

47都道府県から5つのデザインピースを選び展示するもので、会場で購入できるものもあります。

デザイン物産(主に伝統工芸品)はもちろんのこと、新産業としてJAXA種子島宇宙センター(鹿児島)や、スターフライヤー(福岡県)や、金沢21世紀美術館(石川県)が紹介されているのが面白く、また、地域情報紙を一堂に見れるのもなかなかない機会だったと思います。ブログで何度か紹介している「加賀日和」さんも石川県の地域紙として紹介されていました。

私はD&DEPARTMENTの前回の展示会(NIPPON VISION EXHIBITION)で売り切れてて買えなかった、阿波藍染ハンカチ(徳島県)をゲット!ようやく買えて嬉しいー。

chobundo_nasu.jpgそしてこの日は、長文堂(山形鋳物)の職人、長谷川君による実演・トークショーもありまして。

鉄瓶ができ上がるまでの行程をスライドとトークで紹介して、鉄瓶の型に模様を押すのを観客参加で行ったり、鉄を鋳込んだ型をバラして中の鉄瓶を取り出すという作業を間近にみることができました。

職人の手によって作られる鉄瓶は一生もので、使い込んでいくうちに育っていく。そんな話に感心しつつ、長谷川君の山形弁になごみつつ。

写真は、トークショーの時に展示されていた鉄瓶です。フタのつまみの部分がナスになってて、かわいいでしょ?(※写真は長文堂さんに許可いただいてます)

会場で10年以上ぶりの知り合いとの再会もあったりで、この日この展示会にこれたことは、とても有意義なものでした。


+ 追伸 +
Mちゃんへ。今日私が持ってたバッグはこれです→monacca(モナッカ)
posted by ホイミン at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | デザイン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
最近鉄が気になっています。
鉄器ってええなぁ、と。
奥山清行の山形工房も鉄瓶扱っていますね。
鉄瓶はさめにくいし直火で温められるのも生活の知恵っぽく合理的、
手にとってズッシリ重いのも特徴的。
リンク先「長文堂」の鉄瓶は高価で買えないので、ちと惜しいかな。
Posted by ノンキ at 2008年10月18日 00:03
ノンキくん、
奥山清行の鉄瓶「MAYU」、形キレイ☆

長文堂さんいわく、鉄瓶は型ができあがるまでに1ヶ月かかるそうな。
んで、そこから鉄を流し込んで、できあがりまで更に時間がかかる。
全て職人の手作業で作られる分、そのお値段になっちゃうみたい。

そうはいっても、買うのにちょっと勇気がいる値段だよね(^_^;)
Posted by ホイミン at 2008年10月20日 00:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。