2008年06月28日

修悦体

女将と一緒に、新宿、日暮里、修悦体ツアー。

修悦体とは?
佐藤修悦さんが作ったオリジナルフォントのこと。
新宿駅東口が改築工事の際、警備員の佐藤修悦さんが駅構内の案内をわかりやすくするために、ガムテープを使って独自に案内表示を作り始めたのが「修悦体」の始まりだそうで。

このフォントの成り立ちが面白いので、詳しくはこちらのサイトで。
+ ガムテープで案内文字を作る佐藤修悦さんと修悦体・修悦文字について トリオフォー[34]
+ PingMag - 東京発 「デザイン&ものづくり」 マガジン » Archive » ガムテープの道案内



shuetsu_01.jpgまずは新宿駅。
駅が工事中だった頃、修悦体の案内表示にとてもお世話になりました。

当時は、佐藤修悦さんが独自に作っていたものだとは知る由もなく。でも、後でこの話を聞いた時に、「あぁ、あれか!」とすぐにピン!とくるほど、印象に残っていた文字でした。

そして日暮里駅。
この時、普通にトイレを探していたら、やっぱりあった修悦体の「化粧室」。
JRが普通に設置している案内表示は別にあるんだけれど、やっぱり修悦体の方がパッと目に入ってくる。形が確立されていて、個性的。人の目を惹いて、わかりやすい。
とても面白いフォントです。

shuetsu_02.jpgshuetsu_03.jpgshuetsu_04.jpg
posted by ホイミン at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

日本酒で梅酒作り教室

アルコールがほとんど飲めない割に梅酒に興味津々、ホイミンです。
日本酒でも梅酒を作れるらしいと聞いて調べていたら、
タイミング良く、青梅にある「澤乃井園」で「日本酒で梅酒作り」教室への参加者を募集しているのを発見!友人を誘って、早速申しこみました。

sawanoi_01.jpgさて、当日。
青梅線に乗って「さわい」駅下車。
澤乃井園は駅から歩いてすぐの場所にあり、庭園のすぐ側には多摩川が流れていて、清涼感たっぷりです。

梅酒教室の講師は「鈴木梅ファーム」の鈴木さん。
用意された梅は梅郷という品種。
梅酒作りに適した日本酒と梅の話、材料の比率の話、などなど、講義を聴いたあと、用意された梅と日本酒を使って実際に仕込みます。写真は、作ってすぐの梅酒です。

sawanoi_02.jpg梅酒作りが終わったあと、澤乃井園の食事処で出している
豆腐のサラダと、豆腐のムースをいだたきました。(美味しかった☆)
さらに、この日に飲めるように仕込んであった梅酒と、梅酒作りに使った梅酒用日本酒も飲み比べさせていただき、大満足。

今日作った梅酒、飲める日が楽しみです♪

+ 澤乃井Web
+ 平成20年6月18日(水)「日本酒で梅酒づくり」


〜飲み頃になってからの感想〜
posted by ホイミン at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。